Home 工法特長 協会概要 地中障害物 土石流止 ライフライン工事 資料集


土石流止

キングストッパー模型による止水実験




 たかが止水栓、されど止水栓。

ワインが残った折にフタをして気密を保つものを止水栓といいます。その小さ
な止水栓ですが大きなものまで想定しますと意外な使い道があります。
 昔、小学校高学年のころだったと思います。教科書で読んだ記憶にしかな
いのですが、場所はオランダの海辺の話です。低い陸地の外の海をへだて
ているのは堤防です。ある日堤防沿いを歩いていた少年ハンスは堤防から
少し水が漏れ出しているのに氣が付きます。見ていますと最初は小さな穴だ
ったのに水の流れで穴が広がって来るではありませんか。ハンスは大変な
ことになると直感しました。まわりを見渡しましたが近くに人はいません。町ま
で知らせに行っている間にもこの穴はどれほど大きくなるだろう。水の流れさ
え止めれば穴が大きくなることはないのだ。よし僕が手でふたをして水の流
れを止めよう。まだ僕の手で止められるほどの大きさだ。そのうち誰かが通
りかかるだろう。そう考えたハンスは穴に手を入れて水の流れを止めました。
海の水は冷たかったのですがハンスの力でも充分止められるほどの勢いで
した。
 それから数時間が経ちました。ハンスは病院のベットの上で氣がつきまし
た。大勢の人たちに囲まれていた中に母さんがいました「ハンス大丈夫」ハン
スはようやく自分が海水の冷たさで氣を失い、それを見つけた人が助けを呼
んでくれて、穴も塞がれ、自分が病院へ担ぎこまれたことなどをおぼろげなが
ら思い出していました。
 つぎは大きなストッパー(キングストッパー)の話です。
 壁の向こうは海そこに穴があいて、その穴が水の勢いでくずれてくる災害で
す。一歩手前で止めることができれば、排水路を作る工事でも安全にできま
す。たとえばプールの水を任意に吐き出すためには壁にパイプを取り付けて
穴が崩れないようにします。次に蛇口のような開閉が任意に行なえるバルブ
をそのパイプに取り付けます。プールぐらいならば口径が100oぐらいのパイ
プとバルブでよいのです。しかしもっと大きなための池やダム湖ならばどうで
しょうか。人が入れるほどの大きさのパイプになります。パイプを壁に取り付
ける時も大きな止水栓が必要です。止水栓をつけたままパイプを取り付ける
。このようなことができるキングストッパーがあれば大きな準備が必要な時で
も小さな方法でしかも安全に工事ができます。